So-net無料ブログ作成

宮崎あおいの異色の辞書映画とは?

今回は、宮崎あおいが出演している辞書映画についてです。
スポンサーリンク




みなんさん、こんにちは!
今回は、宮崎あおい出演の辞書映画です。共演は松田龍平です。
辞書って聞くとどんなイメージがありますか?
私はたくさん言葉が載っている、重い、難しそう、固いなど辞書のイメージがあります。
そしてあまり辞書を使ってきたことがありません。今はスマホに辞書機能なども付いていてスマホを使っています。
辞書の本を使っている人の方が珍しいような気もしますね。
今回は、そんな辞書をテーマにした映画に宮崎あおいが出演していたので、これからその辞書映画について調べていきます。

ではさっそく宮崎あおいが出演している辞書映画について書いていきます。

船を編む.jpg
(宮崎あおい)

宮崎あおいって?


まず、宮崎あおいさんって??
ほとんどの方が宮崎あおいを知っていると思いますが念のために紹介します。
宮崎あおいは、1985年11月30日生まれ東京育ちで4歳の時に子役デビューしています。
そして宮崎あおいはNHKの大河ドラマや多くの映画、ドラマ、CMで活躍する国民的女優になりました。
しかし、宮崎あおいは最近不倫問題や離婚問題など様々な話題がありました。

こちらの記事もおススメです。
高岡蒼甫と宮崎あおいの離婚理由は?こどもは?
高岡蒼甫と宮崎あおいの出会いは中学生?
「受賞歴」
ドラマ『篤姫』
ザテレビジョンドラマアカデミー主演女優賞
2009年エランドール 新人
ギャラクシー 個人
ドラマ『純情きらり』
ザテレビジョンドラマアカデミー主演女優
ゴールデンアロー放送賞
橋田賞
映画『EUREKA ユリイカ』
高崎映画祭 最優秀新人女優
日本映画プロフェッショナル新人奨励賞
映画『害虫』
ナント三大陸映画祭 主演女優賞
日刊スポーツ映画 新人賞
演劇新人受賞(星の王子さま)
映画『少年メリケンサック』日本アカデミー優秀主演女優
映画『ツレがうつになりまして。』映画『神様のカルテ』日刊スポーツ映画 主演女優
映画『ツレがうつになりまして。』日本アカデミー 優秀主演女優
映画『わが母の記』日本アカデミー 優秀助演女優
映画『舟を編む』日本アカデミー 優秀主演女優
スポンサーリンク





宮崎あおい73.jpg
(宮崎あおい)

松田龍平って?


松田 龍平は、俳優です。東京都出身。オフィス作所属。
俳優松田優作と女優松田美由紀の長男。弟は俳優の松田翔太、伯母は女優の熊谷真実。妻はモデルの太田莉菜。すごい家系ですね。
松田龍平.jpg


6歳で父・松田優作を亡くす。
小学生からサッカーを始める。中学生時代、横河電機のユースクラブ(現横河武蔵野FC)に所属。短期間ではあるがイタリアのセリエAのジュニアチームにキーパーとして参加。
Jリーグ全盛期ということもあり、将来はサッカー選手を目指していた。
中学3年生の時、映画『御法度』の主役を捜していた大島渚の目にとまり、出演を直接要請される。「自分に出来るわけがない」という想いと高校受験を理由に一度は断るも、受験が終わった後なら出来るか?と聞かれ断る理由が無くなってしまう。
1999年、映画『御法度』(大島渚監督)でデビュー。同作により日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにした。当時はその後も役者を続けるという意思は無かったが、この作品で邦画への興味を抱き、それまで洋画ばかり見ていたため何を見て良いのか分からず、この作品で出会い尊敬した浅野忠信の作品を見始め、以前から好きだった『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督作品、浅野出演の映画『ラブ&ポップ』に大きく影響を受ける。
2002年1月、舞プロモーションからオフィス作へ移籍。
2002年、映画『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。
この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。
この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語っている。

宮崎あおい出演の辞書映画


宮崎あおい出演の辞書映画は『船を編む』です。
辞書をテーマにした映画『船を編む』とはどんな映画なのでしょうか?

解説
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が、気の遠くなるような歳月をかけて二十数万語が収録された新辞書作りに挑む姿をユーモラスに描く。辞書の編さんに没頭する主人公・馬締光也には、三浦原作の『まほろ駅前多田便利軒』にも出演した松田龍平。彼が一目ぼれするヒロインには、『ツレがうつになりまして。』の宮崎あおいがふんするほか、オダギリジョーら多彩な顔ぶれがそろっています。

あらすじ
玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢(宮崎あおい)に一目ぼれし物語は始まっていきます。

映画『船を編む』は、辞書作りをテーマにしていてなんか地味な作品なんだろうなと思っていました。
しかしその予想は裏切られました。
確かに静かにストーリーが進んでいきます。あるのは辞書作りと宮崎あおいと松田龍平の恋愛だけなんですが、ほんのり笑わされたり、じんわり感動させられるような映画でした。
宮崎あおいが出演している映画の多くはゆったりと優しい時間が過ぎるようなものが多いような気がしました。
もちろん違う映画もあり、そちらの映画でも宮崎あおいの演技は素晴らしいです。

辞書作りに一生をかけるという実直さとか感動しました。
穏やかで優しい時間が流れて映画を観終わったあとは暖かい気持ちになりましたね。ww
そして宮崎あおいがかわいかったです。ww
辞書「大渡海」という辞書作りを通して馬締とその周りの人たちの人間模様が描かれています。
そういった描写はとてもほっこりして良かったのですが、個人的にはそれ以上に「コトバ」の魅力に惹かれましたね。
普段何気なく使っている言葉を定義する難しさ、言葉を通して人と人とが繋がり合っているという事実、言葉は生きているということなど色んなことを学びました。
自分や周りの人が使っている言葉を改めて見つめてみるのも面白いと思いました。
辞書をもう一度読み返したいとも思いました。
船を編む1.jpg
(宮崎あおい)
「舟を編む」辞書作りを言葉と文字をめぐる活劇のように撮った石井裕也の秀作  近作の2本では、才に溺れたふうな一抹の危惧を感じさせた石井裕也監督が放った画期となる秀作である。  日本映画には育児のノウハウを伝授する「私は二歳」、葬儀をイベント化した「お葬式」といった薀蓄(うんちく)エッセー系とも称すべき映画の系譜があるが、本作はそこに<辞書作り>という新生面を拓いた点も見逃せない。映画では、主人公の馬締(松田龍平)と香具矢(宮崎あおい)の恋の行方をのぞいては、ドラマを牽引するような起伏に富んだアクシデントはほぼなにも起こらない。その代わりに、辞書「大渡海」完成までの15年にわたる地道な編集作業が定点観測のように描かれる。しかし、その膨大な用例採集、見出し語の選定、語釈をめぐる果てのない議論は、時に白熱し、深刻であり、時にはユーモラスでトンチンカンでさえある。石井裕也は、それらのダイアローグをあたかも、<言葉>と<文字>をめぐるアクション映画のように撮っており、画面はつねに停滞することなく、軽やかに滑走し続け、見る者を決して飽かせないのだ。  15年の長い歳月のあいだには、幾人かの<死>も訪れるが、よけいな感傷に耽ったり、思い入れたっぷりな愁嘆場を一切みせない、簡潔で抑制した語り口も特筆に値する。茫漠とした松田龍平が巧まざる笑いを醸し出し、新境地といっていい。往年の日活映画の記憶を心地よく刺激する渡辺美佐子、伊佐山ひろ子という絶妙なキャスティングにもニヤリとさせられた。  恐らく今年の邦画の台風の目となるであろう1本である。(高崎俊夫)

映画レポートでも高い評価を受けている映画です。
ぜひ、見てください!

宮崎あおい74.jpg
(宮崎あおい)

辞書映画でのインタビュー


辞書映画のインタビューを宮崎あおいたちにしたものの一部を載せます。
私が個人的に感じた「コトバ」についてインタビューで答えていた部分があるので辞書映画を演じていた本人たちはどう感じたのでしょうか?

Q:辞書作りを通して、「言葉」に対してどう考えるようになりましたか? 宮崎あおい:正しい言葉やきれいな日本語を使っていたいなと改めて思いました。 松田:特に変化はないんですけど、言葉を違う角度から見ることができて面白かったです。言葉って身近だし、あって当たり前のものだけど、まだまだ違う見方ができる。人に伝えたい、何かを知りたいという気持ちからそれだけの言葉が世の中にあふれていると思うと前を向けるし、やっぱりいいなと思いますね。 オダギリ:松田さんがさっき馬締のキャラクターを説明するときに、「馬締はどういう言葉を発するか考えて、言えなくなってしまう」とおっしゃっていたじゃないですか。僕はまさにそうで、もともと言葉に恐怖心を持っているタイプなんです。普段から自分が使う言葉を気にしすぎてあまり話さない、という状況になってしまっている。インタビューの受け答えでも、真意を伝えたいからものすごく間を取ってしまったりするし。物をつくったときに、間違って伝わるのが一番困るし、それが怖いんです。 Q:こんなふうにレコーダーで発言を録音されたりすると……。 オダギリ:慎重になってしまいますよねえ(笑)。 松田:でも、結構放りこんできますよね。 オダギリ:そうすか? 松田:すごく正直だと思います(笑)。 オダギリ:友達とか、気にしなくていい人には大丈夫なんですけどね。 Q:ところで、皆さんは自分にも辞書作りができると思いますか? オダギリ:タイプ的には向いていると思うんですけど、しんどそうですよね。語数も多いし、語釈も大変だろうし、一人ではとてもできないことも含めて大変な仕事だなと思います。 宮崎:難しそう……。日本語のボキャブラリーがたくさんないとできないですよね。 松田:撮影中、現場に辞書がいっぱいあったので、【国境】という言葉を違う辞書2冊で引き比べてみたんです。使用例がそれぞれ書かれていて、「大渡海」(劇中で作成される新しい辞書)を作るなら、既存の2冊に載っていない使用例を考えないといけないと思ったら恐ろしいなと。使用例や語釈が一つしか考えられない言葉もあるのかなと思ったんですけど、馬締の台詞に「それはダメです。新しい辞書を出すならオリジナルの語釈でやらなきゃいけません」というのがあるんです。気の遠くなるような作業量ですよね。僕には辞書作りは到底無理だと思いました。


やはり演じていた宮崎あおいたちも言葉についていろいろ考えたようですね。
それだけ1つ1つの言葉の意味を考えさせる辞書映画ですね。

まとめ


今回は、宮崎あおいが出演している辞書映画について書いていきました。
辞書映画の正体は『船を編む』でしたね。
辞書作りをテーマにした映画で、ほとんどの人が一度は使ったことがあると思う辞書です。
その辞書はどのようにしてつくられているのかがわかる映画でもあります。
そして、宮崎あおいがこの映画でもすごくかわいいです。
宮崎あおいファンの方は見てください。ww

これからも宮崎あおいを応援していきたいです。
こちらの記事もおススメです。
宮崎あおいnana降板?理由は?
スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © 宮崎あおい・二階堂ふみ応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。