So-net無料ブログ作成
検索選択

二階堂ふみの過激な画像?

今回は二階堂ふみの過激な画像?についてです。
二階堂ふみの過激画像?二階堂ふみ出演の映画から過激画像続出?映画のストーリーや映画の撮影中にあったエピソードなども紹介!二階堂ふみの胸は大きい?気になるキスシーンは?なんとキスシーンをテイク17回も?なぜ、そんなにキスシーンをしたのか?など二階堂ふみの過激画像に関する情報を提供していきます。
たくさんの過激画像を載せていきます。どうぞ、過激画像を見て楽しんでください。

スポンサーリンク





みなさん、こんにちは!
今回は二階堂ふみの過激な画像についてです。
二階堂ふみの過激画像ってすごく気になりますよね。
以前かいた記事に二階堂ふみの映画に関して少し過激な画像がありました。
二階堂ふみはまだ若手なのでたくさん映画に出てるわけではないですが、映画での存在感は抜群です。
では、さっそく二階堂ふみの過激な画像についてです。
二階堂ふみ43.jpg
(二階堂ふみ 過激画像)

二階堂ふみって?


次に、二階堂ふみについて紹介していきます。
二階堂ふみは1994年9月21日うまれ沖縄県出身で12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol.4掲載のグラビアでデビューしました。ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるなど、ファッションモデルとして活躍し始めます。
2007年にテレビドラマ『受験の神様』で女優としてデビュー。2008年12月、ソニーミュージックがプロデュースしたケータイ音楽ドラマ『キミに歌ったラブソング』で初主演。2009年公開の役所広司初監督作品『ガマの油』でオーディションを経てヒロイン役に抜擢され、劇場映画デビューと幅広く活躍している女優です。
二階堂ふみ22.gif
(二階堂ふみ 過激画像)

「受賞歴」
第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)- 「ヒミズ」
第3回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞 - 「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
第26回高崎映画祭 最優秀助演女優賞 - 「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
第36回日本アカデミー賞 新人俳優賞 - 「ヒミズ」「悪の教典」
第35回ヨコハマ映画祭 助演女優賞 - 「地獄でなぜ悪い」「四十九日のレシピ」「脳男」
第56回ブルーリボン賞 助演女優賞 - 「脳男」「地獄でなぜ悪い」「四十九日のレシピ」

二階堂ふみは若手実力派女優として数多くの作品で受賞しています。これだけ多くの作品で受賞しているなんてすごいですね。二階堂ふみのこれからが気になります。

ちなみに二階堂ふみは、慶応大学に合格して学業と仕事の両立をしている素敵な女優さんです。
二階堂ふみは2014年2月22日に大学合格の喜びをツイッターにつづった。
二階堂ふみは同日朝、 慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で合格したとスポーツ紙で報じられており、
ファンから祝福のメッセージが寄せられていた。
二階堂ふみは22日昼ごろ、ツイッターで「みなさま、お祝いのリプライありがとうございます。
大学合格しました」と報告すると、「両立というのは大変ですが、必死に食らいついて
いきたいと思います。勉強頑張ります」と女優業と学業の両立を誓った。
女優業だけでなく学業も両立していこうと頑張る二階堂ふみさんを応援していきたいですね。

スポンサーリンク





脳男


二階堂ふみが過激になっている画像は映画での場面が多いです。
そこで、映画を紹介しつつ過激画像も紹介していきたいと思います。過激なので注意してください。

『脳男』
簡単にあらすじを説明しますと、連続爆弾テロを起こした犯人を追う刑事(江口洋介)が、操作途中で犯人と思しき男を取り押さえるが、捜査が進んでいく内にどうやらこの男は真犯人を捕まえようとしていたことが分かった。しかし奇妙なのは、この男、一切感情を持たないのだ。重大な犯罪者として精神鑑定を受けるが、精神障害等の症状は一切診られなかった。
この不可思議な存在を信じきれない精神科医(松雪泰子)は、自分なりにこの男の過去を追っていくうちに、とんでもない真実を知ることとなる!
といった感じでしょうか。

2月9日(土)に公開され、大ヒットした映画『脳男』。
生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない美しき殺戮者・主人公の「脳男」を生田斗真が演じる、戦慄のバイオレンスミステリーとして話題作品でした。2月22日(金)に新宿・バルト9で上映後のトークショーが行われ、本作に出演した二階堂ふみ、監督・瀧本智行、助監督・権野元の3人が登壇。公開後だからこそ話せる撮影の裏話を明かした。二階堂は、最初の挨拶から「生田さんじゃなくてすみません。私の方がスケジュールの都合が付きやすいので」と独特の語り口でトークを展開し、終始会場を盛り上げた。
トークショーでは、劇中のシーンを切り取ったパネルが次々に登場、それぞれの撮影にまつわるエピソードついて3人が語るという方式で行われた。二階堂が演じる緑川紀子と、太田莉菜が演じる水沢ゆりあの連続爆破事件犯の2人がキスをする場面では、なんと17テイクも重ねたという話に。権野助監督が「キスなので、リハーサルでは本気でやらないこともあるんですけど、2人はいきなりブチューとやって。その時に綺麗に糸を引いたんですね。そしたら監督の目がキラリと光って“このカットは糸だ!”と(笑)。でも、いざ本番になったら、なかなか糸引かなくて、17テイクくらい重ねたと思います」と明かすと、二階堂が瀧本監督に「趣味ですよね?」とイタズラっぽく語りかけ、監督が「変態だと言われました」と苦笑する一幕も。
そんな中、役作りのために監督に「病的にやせて」と指示され、厳しい減量に臨んでいた二階堂ふみが撮影中ずっと瀧本監督を恨みの込もった目でにらんでいた、という話題に。瀧本監督がこのエピソードを、様々な舞台挨拶やイベントなどで語っていることについて、二階堂は「撮影中に皆で親睦会みたいなのやって、その時、ゴダール映画の話とかで盛り上がりましたよね?それが無かったことになるなんて、悲しいです(笑)」と。瀧本監督は「僕は酔っていたから、よく覚えていないですね」としどろもどろ。そんな瀧本監督は、「ゴダールもそうなんですけど、二階堂ふみは本当にたくさんの映画を観ていて。僕が学生の頃に見ていた映画の話も一緒にできますから」と、二階堂ふみが映画マニアだと分かるエピソードを語った。
最後には、観客からの質問に登壇者が答えることに。本作で爆弾魔・緑川を演じ、その振り切った演技で観る者に絶大なインパクトを与えた二階堂ふみに「役作り、演技の参考にしたものは?」という質問が。二階堂ふみは「ダークナイト」「羊たちの沈黙」「時計じかけのオレンジ」など、悪役が輝いている映画を観て参考にしたと語り、中でも、「ミザリー」を観て「やばい女優がいると思った。刺激になりました」と。また、「殺人心理や冤罪事件の本をたまたま読んでいた時に、こういう役をもらって、人間の悪とは何だろうと、色々考えました」と、役作りの一端を明かしていた。

この中に出てくるキスシーン(過激画像)のエピソードはすごいですよね。
このキスシーン(過激画像)を過激画像で上げたいと思います。
二階堂ふみ44.jpg
(二階堂ふみ 過激画像)
二階堂ふみ45.jpg
(二階堂ふみ 過激画像)

ヒミズ


二階堂ふみ出演のヒミズとは一体どんな作品なんでしょうか?

『ヒミズ』

解説
『恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を映画化した衝撃作。ごく平凡な15歳の少年と少女の運命が、ある事件をきっかけに激変する過程を園監督ならではの手法で描き出す。主人公に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太、ヒロインに『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』の二階堂ふみら若手実力派を起用。自身も原作のファンだという園監督が創造する新たなる人間の心の闇から目が離せない。

あらすじ
どこにでもいる中学3年生の祐一(染谷将太)の夢は、成長してごく当たり前のまっとうな大人になること。一方、同い年の景子(二階堂ふみ)の夢は、自分が愛する人と支え合いながら人生を歩んでいくことだった。しかしある日、2人の人生を狂わせる大事件が起き……。

解説とあらすじはこんな感じです。
若手実力役者の染谷将太と二階堂ふみが出ている映画なので映画ツウのひとにはぜひ見てもらいたいです。
この映画の過激画像なんですが画像だとそんなに過激ではないかもしれません。

二階堂ふみ46.jpg
(二階堂ふみ 過激画像)
二階堂ふみ47.jpg
(二階堂ふみ 過激画像)

これのどこが過激なの?と思う方もいると思います。一枚目はキスシーン(過激画像)でなんとなくわかると思いますが、2枚目(過激画像)は何だろう?って感じがしますね。
これは二階堂ふみが走っているシーン(過激画像)でその時に胸が揺れていると話題になっていた時の画像です。
画像(過激画像)だと分かりずらいですね。ww
このシーンが見たい人はぜひ映画を見てください。ww

私の男


私の男が二階堂ふみの過激画像が一番話題になっている作品です。

『私の男』

・ストーリー
奥尻島を襲った大地震による津波で家族を失った10歳の花(山田 望叶)は、遠い親戚と名乗る男・腐野淳悟(浅野忠信)に引き取られることになった。たった1人生き残ってしまった花と、家族の愛を知らないまま、白銀の冷たく閉ざされた町で独り生きてきた淳悟は寄り添うように暮らし始める。花(二階堂ふみ)が高校生になったころ、二人を見守ってきた地元の名士で遠縁でもある大塩(藤竜也)は、二人のただならぬ関係を察知し、ある行動に出るが……。

描かれるのは、禁断の愛。だが……
父と娘の禁断の愛をテーマにした作品だ。と、書くと何だかスキャンダラスで、軽い感じがしてしまうのだが、とんでもない。ラストには何か崇高な高みにまで連れていかれて、愛とモラルの境目すらも完全にわからなくなってしまう。映画館に入る前まで生きていた現実が色あせてしまって、スクリーンで起こった出来事の方が色鮮やかで生々しい、そんな感覚に陥る、そう”陥ってしまう”という表現がふさわしい衝撃作なのである。

圧巻の演技!の二階堂ふみ、彼女を受け止める浅野忠信
父と娘の愛と聞いて、もしかしたら女性は「ちょっと……」と難色を示される方がいるかもしれない。だが、著者としては、それでもとにかく見てほしいと思う。
まずは、ヒロインの二階堂ふみが素晴らしいのだ。極寒の北海道、世間と隔絶された場所で、花にとって淳悟だけが人として、そして男として必要な人間になっていく。彼女が少女からオンナ、子供からオトナへと変化していく中にインモラルさとイノセントさが交じり合い、圧倒的な存在感を放ちラストまで目が離せない。
そして、父親役は浅野忠信だ。もしも私のお父さんが浅野さんだったら……結婚適齢期が過ぎても「お父さんみたいな人と結婚する!」と言い続け、結果誰とも結婚できない悲劇に見舞われそうだ……と思わず妄想してしまう。原作には、淳悟について「ひょろりと痩せて背が高く、手足は長い。無職で着ているものも安物で髪は伸ばしっぱなしで肌もかさかさなのに、姿勢はよく仕草も優雅」とある。まさに浅野忠信が演じた淳悟の存在感は、不思議な優雅さと色気があり、花を受け止め、そしてそれ以上求めてしまう、男の葛藤と悲哀がにじみ出ている。

では、私の男の二階堂ふみの過激画像です。
二階堂ふみ40.jpg
(二階堂ふみ 過激画像)

二階堂ふみの映画


これまで二階堂ふみの過激な画像をみてきました。どの過激画像も映画の中での話でした。
そこで二階堂ふみの映画ってどんなものがあるのかという事で、二階堂ふみが出演している映画を紹介していきたいと思います。

過激画像でも出てきた「私の男」、「渇き」と同様に2014年に公開予定の「日々ロック」をまず紹介していきたいと思います。

・「日々ロック」
二階堂ふみ48.jpg
(二階堂ふみ 過激 画像)

榎屋克優氏の人気漫画を、入江悠監督のメガホンで実写映画化した「日々ロック」から、女優の二階堂ふみ扮するトップアイドル・宇田川咲が歌って踊る映像が公開された。

映像は、落ち込んでいた主人公・日々沼拓郎(野村周平)が街中で咲の新曲を聴き、やる気をあふれさせる場面だ。映像とともに流れる、明るくポップなサウンドが印象的な楽曲は、若年層から支持を集めるアーティストのDECO*27(デコ・ニーナ)が提供した「SUNRISE」で、音楽に救われた経験を持つ咲が、「どんなに落ち込んでも新しい朝はくる」というメッセージを込めて歌っている。そんな彼女の歌に背中を押され、拓郎は一気に曲を書き上げていく。ルックスのかわいらしさだけではなく、人々に歌を通して勇気を与えているからこそ、咲が絶大な人気を誇っているということがわかる場面になっている。
また、映像の後半には、ミュージックビデオの撮影をするメイキングも収められており、かわいらしい衣装に身を包み、ダンスシーンを撮影する二階堂の姿も見ることができる。
「日々ロック」は、冴えない高校生活を送っていた拓郎が、友人とバンドを結成して東京のライブハウスで活動を始め、トップアイドルの咲との出会いから、運命を大きく変えていく姿を描く青春ロックエンタテインメント。11月22日全国公開。

次の映画も2014年公開予定の「味園ユニバース」です。

・「味園ユニバース」
二階堂ふみ49.jpg
(二階堂ふみ 過激 画像)

アイドルグループ・関ジャニ∞の渋谷すばるが映画単独初主演を果たし、二階堂ふみがヒロインを務める映画『味園ユニバース』に、バンドの赤犬、タレントの鈴木紗理奈、お笑いコンビ・天竺鼠の川原克己が出演していることが明らかになった。

本作は大阪を舞台に、歌うこと以外の記憶を失った青年・ポチ男(渋谷)が、バンド・赤犬(赤犬)とそのマネージャー・かすみ(二階堂ふみ)との出会いをきっかけに過去と向き合い、自分を見つめ直すドラマ映画。メガホンを取ったのは『苦役列車』や『もらとりあむタマ子』などを手掛けた山下敦弘監督。
赤犬は14名で編成されたバンドで、メンバー全員が山下監督と同じ大阪芸術大学卒業生。劇中にはそのまま赤犬の名で登場し、本人たちがそれぞれ自身を演じている。渋谷をボーカルに迎えたライブシーンも見どころの一つとなっている。
9年ぶりの映画出演となる鈴木は、ポチ男を記憶喪失だと最初に診断する派手でセクシーな女医・マキコ、2度目の映画出演となる川原は、ポチ男の過去に深く関わる狡猾(こうかつ)なチンピラ・タクヤにふんしている。

まだまだ公開予定の映画もあります。それだけ人気のある二階堂ふみです。ぜひ、映画もご覧ください!

まとめ


今回は、二階堂ふみの過激な画像?について書いてきました。
みなさん、どうでしたか?
映画の中でラブシーンがあってそこで過激なシーンが見らえることが多々ありますね。
女優なので当たり前なんですが。
それに加えて二階堂ふみは胸が大きいのでそこに注目してしまう人も多いかと思いますね。
これから、どんどん伸びている女優なので応援してください!

スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © 宮崎あおい・二階堂ふみ応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。