So-net無料ブログ作成

宮崎あおいと向井理がCMで共演?

今回は宮崎あおいと向井理がCMで共演?について書いていきます。
宮崎あおいと向井理の話題のCMとは?宮崎あおいと向井理はどんな関係?向井理ってどんな人?
宮崎あおいと向井理のCMはコラボだった?パルコの年末セールに関係している?宮崎あおいと向井理が共演している映画「きいろいゾウ」ってどんな作品?宮崎あおいが語る「きいろいゾウ」とは?向井理が語る「きいろいゾウ」とは?さらに監督も語る?
宮崎あおいと向井理に関する情報を紹介していきます。

スポンサーリンク





みなさん、こんにちは!
今回は、宮崎あおいと向井理がCMで共演?についてです。
宮崎あおいと向井理の共演と言えば映画のきいろいゾウのイメージがありますが、CMもでも共演していたんですね。
そのCMを見た記憶がないんですが。ww
いったいどんなCMなんでしょうか?
では、さっそく宮崎あおいと向井理がCMで共演?について書いていきたいと思います。
宮崎あおい239.jpg
(宮崎あおい 向井理 CM)

宮崎あおいって?


まず、宮崎あおいさんって??
ほとんどの方が知っていると思いますが念のために紹介します。
宮崎あおいは、1985年11月30日生まれ東京育ちで4歳の時に子役デビューしています。
そして宮崎あおいはNHKの大河ドラマや多くの映画、ドラマ、CMで活躍する国民的女優になりました。
しかし、宮崎あおいは最近不倫問題や離婚問題など様々な話題がありました。

「受賞歴」
『篤姫』
ザテレビジョンドラマアカデミー主演女優賞
2009年エランドール 新人
ギャラクシー 個人
『純情きらり』
ザテレビジョンドラマアカデミー主演女優
ゴールデンアロー放送賞
橋田賞
『EUREKA ユリイカ』
高崎映画祭 最優秀新人女優
日本映画プロフェッショナル新人奨励賞
『害虫』
ナント三大陸映画祭 主演女優賞
日刊スポーツ映画 新人賞
演劇新人受賞(星の王子さま)
『少年メリケンサック』日本アカデミー優秀主演女優
『ツレがうつになりまして。』『神様のカルテ』日刊スポーツ映画 主演女優
『ツレがうつになりまして。』日本アカデミー 優秀主演女優
『わが母の記』日本アカデミー 優秀助演女優
『舟を編む』日本アカデミー 優秀主演女優

スポンサーリンク





向井理って?


向井理って?
向井理2.jpg
(宮崎あおい 向井理 CM)
向井 理は、神奈川県出身の俳優。ホリエージェンシー所属。

2人兄弟の弟。父親の職は自営業で、母親は元英語教師。わがままで生意気で、サッカーなどのスポーツばかりしている少年だったという。
とても動物が好きで、それが高じて獣医師を目指すようになっていた。1浪後、明治大学農学部生命科学科へ進学、大学時代は遺伝子工学を専攻[2]。「ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定」という研究で、第29回 国際動物遺伝学会議(2004年9月開催)『ベストポスターアワード』を向井理を含めた数名の研究メンバーで受賞した。
学生時代にアルバイトとして、東京・渋谷区のカフェバーでバーテンダーを務める。バーテンダーとしてのプロ意識も強く、そのレパートリーは500を超えていたという。大学4年生の時に大学院進学か就職かで迷っていた時に、そのカフェバーを経営している会社から就職を勧められ、大学卒業後カジュアルなバーに社員として就職。後に店長を1年間務めた。向井理のバーテンダー歴は延べ6年に及び、老舗のバーでの勤務経験もある。祐天寺駅近くのバーで働いていた際には、来店した原田泰造に領収書を書いたという。また、後にドラマで共演した速水もこみちやブラザー・トム、パパイヤ鈴木なども来店した。ドラマではブラザー・トムがバーのマスター、向井が客役というあくまで役者上で逆の立場で共演している。

宮崎あおいと向井理のCM


宮崎あおいと向井理、共演しているCMは一体どういったものなのか?
宮崎あおい238.jpg
(宮崎あおい 向井理 CM)

映画『きいろいゾウ』。パルコの冬のバーゲンセール「グランバザール」と本作がコラボすることが決定し、更に関東地区では12月29日(土)から、コラボレーションしたテレビCMが放送!
なるほど、関東地区で放送していたので私は見たことがなかったんですね。
映画きいろいゾウとパルコがコラボしたCMなんですね。
内容としては、仲良く食卓を囲んでいるツマ(宮﨑あおい)とムコ(向井理)。セールに行きたいと思っているツマ(宮﨑あおい)の肩に寄り添うパルコアラ。その姿を、ムコ(向井理)が冷静につっこむ、ほのぼのとした仕上がりとなっています。
この宮崎あおいが関西弁なんですが、すごくかわいいですよ!
宮崎あおい237.jpg
(宮崎あおい 向井理 CM)

ネットの反応もすごいです。
・宮崎あおいちゃんやっぱりかわいい~~!!!!なに今の関西弁!!かわいすぎる。・°°・(>_<)・°°・。♡♡ ・そーいえば、最近やってるPARCOのセールの宮崎あおいが超可愛い!(*´艸`*) あの最後の関西弁がたまらん…黄色いゾウとのコラボだからきっとあれは三重弁かなぁ…可愛すぎ♪ ・女優・宮崎あおいさんが話す関西弁の声ががテレビCMから聞こえてきたとき、山田花子さんの話し声だと思った。宮崎さんの関西弁、完璧ということだなぁ。イントネーションで印象は変わるものだ。

こういった内容の反応がネットではありました。
もちろんエセ関西弁がイラッとくるみたいなコメントもありましたけど、関係ないですね。ww


映画「きいろいゾウ」


映画きいろいゾウはどういった作品なのか?
宮崎あおい241.jpg
(宮崎あおい 向井理 CM)

「何も知らない2人が急に結婚して、一緒に生活して、お互いを見始める──という基本のところが原作にひかれた一番の理由だった」。これは、心を揺さぶる映画を撮り続けてきた廣木隆一監督の最新作「きいろいゾウ」を撮るにあたっての言葉だ。
そして、同じく原作の世界観にほれ込み、主演として作品に命を吹き込んだ宮崎あおいと向井理。この監督、このキャスト、そしてロングセラーを記録する西加奈子の同名小説が原作──三拍子そろった今作が魅力的でないわけがない。初共演ながらも、出会うべくして出会った夫婦ツマとムコとしてスクリーンで生きた2人。彼らがほれた「きいろいゾウ」の世界には、愛と痛みと優しさが詰まっていた。

出会ってすぐに何かを感じ、満月の夜、「結婚してください」という突然のムコの言葉に「はい」と返事をするツマ。お互いを知らないまま一緒に暮らし始めた2人の生活は、なんとも穏やかで幸せだった。しかし、互いの秘密が明らかになることで変化が訪れる。普通ではない始まり方のツマとムコの関係を、向井理は「むずがゆかった」と言い、宮崎あおいも「そこに共感はなかった」と意外な言葉を口にするが、どこかファンタジックな世界をリアルなものとして成立させているのが、この映画の面白さだ。ファンタジックとリアルのバランスをコントロールしたのは、もちろん廣木監督。宮崎は監督が作り出す、自由に演技できる場に感謝する。

「とてもシャイで口数は少ない監督ですが、役者が気持ちいい現場を作ってくださるんです。役者の目線上に人がいたら、必ず『そこは空けておいて』と気を配ってくれたり。そういうちょっとしたことで(役者の)気持ちは変わったりするものなんですよね。何も言わずに演出をするというのも私は好きでした。ここがダメとは言わず、ただ『もう1回』と言うだけ。何が違ったんだろう……と、自分のなかで考えることで一歩先へ連れていってもらえるというか。たとえば、わーっとテンションのあがったシーンがあって、あがったところでカットをかけてそのまま本番の撮影をしてくれたことがあって。その時、今まで味わったことのない感情が生まれたんですよね」。そのシーンは、ムコがある理由で家を空けている最中に、彼の机のなかにある過去の秘密を向き合う場面。カットがかかっても宮崎あおいの涙はあふれたままで「大事なものがなくなるってこんなにつらいんだ、と思ったシーンでした」とせつない表情を浮かべる。

俳優自身も驚く演技を引き出した廣木監督に、向井理も最敬礼だ。「(緻密に)計算して撮るというよりも、現場で出てきたものをどう撮るかという監督だと思います。自由にやっていいよという空気を作ってくれて、自由に演じさせてくれる。そのぶん責任感も増すけれど、プレッシャーに感じさせないのが廣木さんらしさなんです。雰囲気は人と人との距離や1人ひとりの性格を見ていないとできないことなので、自由にやらせているようで、実はものすごく見られているんですよね」。その言葉からはどれだけ廣木組の現場が居心地よかったのかが伝わってくる。

今回はファンタジーでメルヘンチックな世界に挑戦している廣木監督だが、「軽蔑」や「ヴァイブレータ」などで描いてきた暴力的な描写、深い愛ゆえの暴力がこの映画にも存在する。それは、水道の蛇口を止めようとするムコとそれに抗するツマのシーンだ。「あのシーンをあれだけじっとり撮ることはなかなか勇気がいると思うんですよね」という向井理の言葉に、宮崎あおいもうなずき、そしてツマの心情を代弁する。

「ムコさんが自分のことを分かってくれないというもどかしい気持ちゆえの行動で、ツマさんのいろいろな感情が渦巻いていたんですが、だんだんと無になっていくんです。痛いとか恐いとか、悲しいのか怒っているのか、何もかも分からなくなって、ああ、こうやって人は壊れていくんだなと思いました」。ツマとムコのそのせつなさは、観客の心にじっとりと張り付くだろう。

人は、いい映画を見たとき「明日から頑張ろう」「今度はこうしてみよう」と前向きな気持ちになれるものだ。「きいろいゾウ」はどうだろう? 傷を抱えたツマとムコ、次第に不調和音が鳴る夫婦──前半が幸せ過ぎるからこそ後半の痛みは想像以上に大きくなるが、傷ついて、お互いを知って、敬うことで、幸せが見えてくる。宮崎あおいは語る。

「思うのは、自分が大事だと思う人と真っ直ぐに素直に向い合うことが大切なんだなと。ツマを演じていて後半はすごくしんどくて、私自身もしんどくて、向き合うことは大変だし見たくない部分も見なくてはならないけど、それでも一緒にいたいと思える人に出会えることは幸せなこと。そういう人に出会えたときに真っ直ぐにぶつかっていく強さを持ちたいと思ったんです」

一方、ムコを通じて向井理が手にしたのは、見守ることの大切さ、向き合うことの大切さ。「ムコさんの場合は、後ろめたさのような罪悪感があったので、それを精算するために彼は田舎から東京に向かうんです。逃げているように見えるかもしれないけれど、向き合うために行動したこと。向き合うって大変なんだなと、向き合うことの大切さを実感しました。この映画には、ツマとムコを含めて3組の夫婦が出てくるんですが、夫婦の形はいろいろあって、それぞれが紆余曲折あっての夫婦なんですよね。個人的には(ツマとムコの隣に住んでいる)アレチさんとセイカさんみたいな夫婦にあこがれます」。その言葉は「映画のなかのツマとムコもそんな夫婦として生きていきたい」と、ムコの立場で言っているようにも受け止められる。と同時に、それは役への愛の深さであることを知る。そんなふうに宮崎あおいと向井理がいまも注ぎ続けている「きいろいゾウ」への愛は、きっとスクリーンからも感じるはずだ。
宮崎あおい240.jpg
(宮崎あおい 向井理 CM)

監督、宮崎あおい、向井理の三人が映画を撮り終わって、その現場の雰囲気だったり、映画の内容に触れながらこの作品の意味を語っているものです。

まとめ


今回は、宮崎あおいと向井理がCMで共演?について書いてきました。
宮崎あおいと向井理のCMはきいろいゾウとパルコのコラボだったんですね。きいろいゾウの役のままCMにでています。すごくほのぼのとしていてなんだかあったかくなります。ww
あと宮崎あおいの関西弁がかわいいなって思ってしまいました。
コラボCMもいいですけど、映画きいろいゾウではちゃんと宮崎あおいと向井理が共演しています。
そして内容も書いてきました。
ぜひ、見てください!

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © 宮崎あおい・二階堂ふみ応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。