So-net無料ブログ作成

二階堂ふみと橋本愛の仲とは?

今回は、二階堂ふみと橋本愛の仲とは?について書いていきます。
二階堂ふみと橋本愛の仲とは?二階堂ふみと橋本愛の共通点とは?映画「渇き。」で共演?
二階堂ふみと橋本愛は演技派として活躍中?最近ブレイク中の女優の共通点とは?その女優とは、二階堂ふみ、橋本愛、有村架純、能年玲奈。その女優に共通してること?女性からの支持も高いのはだれ?
二階堂ふみと橋本愛に関する情報について紹介していきます。

スポンサーリンク






みなさん、こんにちは!
今回は二階堂ふみと橋本愛の仲とは?についてです。
二階堂ふみというとどんなイメージがあるでしょうか?
若手演技派女優という感じでしょうか。
橋本愛はどうでしょう?
これも若手演技派女優という感じでしょう。
この共通したイメージの二階堂ふみと橋本愛はどんな仲なんでしょうか?
ではさっそく二階堂ふみと橋本愛の仲とは?について書いていきます。

二階堂ふみ78.jpeg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

二階堂ふみって?


次に、二階堂ふみについて紹介していきます。
二階堂ふみは1994年9月21日うまれ沖縄県出身で12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol.4掲載のグラビアでデビューしました。ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるなど、ファッションモデルとして活躍し始めます。
2007年にテレビドラマ『受験の神様』で女優としてデビュー。2008年12月、ソニーミュージックがプロデュースしたケータイ音楽ドラマ『キミに歌ったラブソング』で初主演。2009年公開の役所広司初監督作品『ガマの油』でオーディションを経てヒロイン役に抜擢され、劇場映画デビューと幅広く活躍している女優です。
二階堂ふみ59.jpg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

「受賞歴」
第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)- 「ヒミズ」
第3回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞 - 「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
第26回高崎映画祭 最優秀助演女優賞 - 「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
第36回日本アカデミー賞 新人俳優賞 - 「ヒミズ」「悪の教典」
第35回ヨコハマ映画祭 助演女優賞 - 「地獄でなぜ悪い」「四十九日のレシピ」「脳男」
第56回ブルーリボン賞 助演女優賞 - 「脳男」「地獄でなぜ悪い」「四十九日のレシピ」

二階堂ふみは若手実力派女優として数多くの作品で受賞しています。これだけ多くの作品で受賞しているなんてすごいですね。二階堂ふみのこれからが気になります。

ちなみに二階堂ふみは、慶応大学に合格して学業と仕事の両立をしている素敵な女優さんです。
二階堂ふみは2014年2月22日に大学合格の喜びをツイッターにつづった。
二階堂ふみは同日朝、 慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で合格したとスポーツ紙で報じられており、
ファンから祝福のメッセージが寄せられていた。
二階堂ふみは22日昼ごろ、ツイッターで「みなさま、お祝いのリプライありがとうございます。
大学合格しました」と報告すると、「両立というのは大変ですが、必死に食らいついて
いきたいと思います。勉強頑張ります」と女優業と学業の両立を誓った。
女優業だけでなく学業も両立していこうと頑張る二階堂ふみさんを応援していきたいですね。

スポンサーリンク





橋本愛って?


橋本愛って?
橋本 愛は、日本の女性ファッションモデル、女優。熊本県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
橋本愛.jpeg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

橋本愛は2008年、母が応募したニューカム「HUAHUAオーデション」にてグランプリを受賞し、芸能界デビュー。同年に開催された「第33回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」で、橋本愛は最終候補者に選ばれるがグランプリ・特別賞の受賞は逃した。
2009年、女性ファッション雑誌『Seventeen』のミス・セブンティーンに、応募総数5,267人の中から工藤えみ、高田有紗、広瀬アリスと共に、グランプリ受賞者の中で最年少で選ばれた。
また、映画『Give and Go』で映画初出演(初主演)。難聴を抱えながらバスケットボールに熱中する少女を橋本愛は演じた。
橋本愛は2010年、映画『告白』に出演し、クラス委員長の少女で重要な役どころを演じて注目を集めた。その後、多数の主役を務め、『貞子3D』では橋本愛は貞子を演じて再び注目を集める。
2013年、 ヒロイン・東原かすみ役を務めた映画『桐島、部活やめるってよ』などの演技が評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。同年、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で能年玲奈演じる天野アキの親友役の足立ユイを演じる。12月31日に放送された第64回NHK紅白歌合戦では、『あまちゃん』をテーマとした企画コーナーとして、「あまちゃん」“特別編”にて、天野アキ役の能年玲奈と“潮騒のメモリーズ”で『潮騒のメモリー』の1番を歌唱した。最後は出演者全員により『地元に帰ろう』を合唱した。
2014年5月をもって4年半務めた『Seventeen』の専属モデルから卒業した。

二階堂ふみと橋本愛


二階堂ふみと橋本愛の仲の前に二階堂ふみと橋本愛には共演作があったのです。
それは、「渇き。」です。

映画「渇き。」とは?
渇き。.jpg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

■ストーリー

主人公は、数カ月前、妻の不倫相手への傷害事件を起こして退職し、自暴自棄な暮らしを送っていた元刑事の藤島昭和(役所広司)。ある日、彼の元にかつての妻(黒沢あすか)から連絡があり、娘の加奈子が失踪したことを知る。彼女の手がかりを見つけるためにこれまでの交友関係をたどるが、次第に加奈子の優等生の仮面は剥がれ、思いもよらぬ事実が明らかになっていく。藤島は彼女の正体に近づけば近づくほどヤバい奴らと接触することになり、怒りがあらゆる衝動を抑えられず暴走を始める……。

監督は『嫌われ松子の一生』、『告白』の中島哲也監督

手がけたのは、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』の中島哲也監督。毎回強烈なビジュアルとストーリー展開で話題を呼び、『告白』に至っては社会現象と言えるほどの大ヒット。日本アカデミー賞4部門獲得、アカデミー賞外国語映画賞部門日本代表にも選ばれた。そんな中島監督が4年ぶりに満を持して挑んだのが本作だ。原作の『果てしなき渇き』はそのあまりにもハードな暴力描写や内容に映像化不可能と言われていた。それでも監督は、脚本化に挑戦し(通常の何倍もの労力と時間を要したという)、主演の藤島役を“ダメもと”で名優、役所公司にオファー。近年の日本映画で最高にヒドい男の役を受けてもらえるわけがないと思っていた矢先、OKの返事が来たという。さらには、國村隼、中谷美紀、妻夫木聡、黒沢あすか、オダギリジョー、橋本愛、二階堂ふみらそうそうたる豪華キャストが集結した。
二階堂ふみ79.jpg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

最悪の男、藤島。役所広司が圧巻の演技

本作、過激な暴力描写に話題が集中しているが、筆者が驚いたのはそれよりも役所広司演じる藤島の暴力性であった(その演技力は圧巻!)
愛し方、愛され方を知らないが故なのか、あらゆるモノ・人を壊し、傷つけ、殴り倒しながら、娘の行方を追う。そして心も体も血みどろになりながらの暴走ぶりに、何度も目を背けたくなる。その上、藤島と接触する面々誰もが常軌を逸した人間ばかり。見ている途中で「やっぱり夢と魔法の国に行きたい……」と思わず逃げ出したくなることもあった。

しかし、物語が進むにつれ藤島が加奈子の真実に迫れば迫るほど、その狂気の裏に一瞬、愛の片鱗(へんりん)のようなものを感じる。いや、ひょっとしたら単なる藤島の執着なのかもしれない。でもやはり、あれは父性だったのでは……と、タブーを犯し続ける藤島の心の底を見放すことなく、探ろうとする自分がいることに気づく。

観客の反応は賛否両論!?

一方、観客の中には、その過激な描写やストーリー性に耐え切れない方もいたようで、映画レビューサイトなどでは賛否両論、意見が真っ二つに別れている。「否」派は、「残酷すぎるシーンが見ていられない」「ここまで倫理観に外れた人間たちを学生に見せていいのか」といった意見が。一方「賛」派からは、「グロすぎると言われているが、美しい映像もありアニメーションもあって、そこまで不快にはならなかった」「スタイリッシュなカメラワークや、スピーディな展開。印象的な音楽も多く、中島ワールドを楽しめた」「ヒロイン役の小松菜奈がすごく良かった」など、さまざまだ。

また「デートにはオススメしない」というコメントもあったが、確かに初デードにはちょっと不向きかも(苦笑)。だが、本作をひとりで見ると、悶々としてしまう方もいるかもしれない。むしろ「いや~ありえないよね! あのシーン!!」と盛り上がる方が楽しいのではないかと思う。ということで、ひとりぼっちで見た筆者としては、ペアもしくは何人かでご覧になることをオススメしたい。
橋本愛1.jpg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

若手ブレイク女優の共通点とは?


今注目を集めている若手ブレイク女優達!そんな彼女たちに共通点があった!
まず、今人気の女優達とは?

・二階堂ふみ
二階堂ふみ8.jpg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

・橋本愛
橋本愛2.jpeg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

・有村架純
有村架純2.jpg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

・能年玲奈
能年玲奈.jpg
(二階堂ふみ 橋本愛 仲)

この彼女たちがここ最近ブレイクしている若手女優ではないでしょうか。
これらの女優に共通するものとは一体?


・若手女優のほとんどが、雑誌『ニコラ』や『セブンティーン』などのモデル出身。ローティーンのころから女のコた
 ちの憧れの存在であった彼女たちです。

・鉄板条件!「同性からも愛される」が人気のカギ
能年さんは、1993年7月13日、兵庫県姫路市生まれの19歳。2006年の「ニコラモデルオーディション」でグランプリを獲得して芸能界入りしました。「ニコラ」は新潮社が発売する女子小中学生向けのファッション誌。その専属モデルは「ニコモ」と呼ばれ、中学生のあこがれの存在。

まとめ


今回は、二階堂ふみと橋本愛の仲とは?についてかいてきました。
二階堂ふみと橋本愛の仲について書かれている記事はありませんでした。しかし、二階堂ふみと橋本愛の共演作品があり、その作品「渇き。」について書いてきました。
それと最近人気の若手女優の共通点も書きました。
その若手女優の中でも二階堂ふみと橋本愛は特に演技派として有名ですね。
能年玲奈や有村架純は朝ドラなど清純派として王道の女優、かわいい主演を演じるような感じがします。
今後もこのブレイクしている彼女たちを応援していきたいですね。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © 宮崎あおい・二階堂ふみ応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。